UP

タダより安いものは無い!?信用取引で一方的に利益のみを得る方法

危険だと評判の信用取引で利益だけを得る方法とは?

金融市場において、信用取引は素人が手を出すべきではない危険な取引と認識されています。上手く運用すればそうしたリスクも大幅に減じることができるのですが、本来はそのようなリスキーな信用取引で、投資家にとって利益にしかならない話があると言われると、みなさんはどう思わうでしょうか?おそらくたいていの人が「それは詐欺だ!」と拒否反応を示すはずですが、合法かつ安全でありながら絶対に利益しか産まない方法があるのは事実です。

信用取引でタダ取りできる株主優待の仕組みとは?

信用取引においてノーリスクで得られる利益、それは「株主優待」です。ではどのようにしてタダで株主優待を得るのか、その手法を知る前に、まずは株主優待を得る仕組みについて知っておきましょう。株主優待を得るためには、決められた日付け(=権利落ち日)まで株式を一定量保有している必要があります。これにより株主優待を得る権利が得られますが、当然こうしたことは株主優待を狙っている人全員が知っていますので、権利落ち日を過ぎると、株主優待がある銘柄の株価は軒並み下がってしまいます。

タダで株主優待を得るための信用取引の活用方法

5000円の株主優待が得られる一方で、権利落ち日後に株を売って10000円の損失が出てしまっては、ただの5000円の損失でしかありません。こうした株価下落のリスクをゼロにするために信用取引を活用します。まず株主優待を狙っている銘柄を現物買いなどで入手し、同時に同じ価格でその銘柄を信用売りしておきます。こうすることで、株を手放すタイミングや株価の如何に関わらず、株の値段で損失が出ることは無くなります。当然手数料や金利はかかるので全くお金がかからないわけではありませんが、株価の面から見てみればタダで株主優待を受ける権利のみを得ることができるのです。

信用取引は、ハイリスクハイリターンの金融商品とも言われています。そのため、取引を行うならリスクを考慮して取引を行うことがとても大事になります。

未分類