UP

バイトで家庭教師をする人は将来決まっている?

家庭教師は序章にすぎない?

将来何になりたいですか、の問いには教師と答える人が一体どれくらいいるでしょうか。子どもの時はまだ夢を見ている段階ですが、だんだん大人になるにつれて、現実が見えるようになります。教師になりたい人はひたすら勉強していきますが、常に好成績を残さないと苦しいでしょう。全く異次元で勉強しているという錯覚を起こしますが、教師という夢に向かって努力する以上は家庭教師など教える役割もこなす必要がありますよね。バイトなどで募集しているので、家庭教師を経験して教師としての道は開きやすくなります。

家庭教師としての役割は?

家庭教師は子供とマンツーマンで勉強を教えます。時間は限られていますが、その中で如何にして子どもの学習意欲を上げる役割が求められます。教師として接しますが、生徒に寄り添う気持ちも大事です。生徒は壁にぶつかっていますが、救ってあげるだけではいけないですよね。生徒は思考力を養ったり、教師としての役割は大きいですが、生徒の視点に立って教育するのも一環です。学校の先生になると、生徒に教えるだけでなく、人間教育などあらゆる面での教育を期待されています。家庭教師は一対一ですが、学校では大勢の子供と相手します。

家庭教師はあくまでもステップに過ぎない?

家庭教師は、教師になるための準備段階に過ぎないでしょう。学生の場合、授業料を払うためにバイトも始めます。教師になりたいという目標があれば、家庭教師だけに絞って求人を探します。バイトだけに、時給制で行われます。家庭教師はバイトとしてありですが、賢い人がやるという固定概念が付いています。実際賢い人でも教えるとなると、教える難しさを体感するでしょう。家庭教師は将来教師を目指す人にとっては、登竜門でしかないですよね。教える難しさを痛感しただけでも成果があったと言えるでしょう。

家庭教師のバイトをすることでお金を稼いでいくことが出来ます。勉強を頑張ったらそれを使ってお金が稼げるのです。