UP

意外と知らない!?ファイナンシャルプランナーの資格とは

ファイナンシャルプランナーの資格の様々な種類

最近では徐々に知名度の上がってきた職業として、ファイナンシャルプランナーを挙げる人は多いです。一般的には家計を見直し、同時に保険や住宅ローンなどについてのアドバイスを求めることができますが、その資格についてはあまり知っている人は多くありません。更に深く知るためにも、まずは資格の種類について学んでおくと良いでしょう。ファイナンシャルプランナーの資格は正式にはファイナンシャル・プランニング技能士と呼ばれ、国家資格として1級から3級まで存在します。また民間資格になりますが、別にCFPとAFPと呼ばれる資格も存在します。

国家資格のファイナンシャルプランナー資格とは

前述の通りファイナンシャル・プランニング技能士は1級から3級まで存在しますが、実は受験する試験機関が二種類あるのが特徴です。日本FP協会と金融財政事情研究会の2つの団体が実施しており、それぞれ同じファイナンシャル・プランニング技能士を取得することができますが、実技試験の内容が異なり、日本FP協会は資産設計提案業務を中心とした出題を、金融財政事情研究会は資産や顧客相談といった4つの科目から1つを選んで受験するようになります。そのため自身の職務内容や学習したい内容に合わせて、どちらかの試験機関に申し込むことになります。

民間のファイナンシャルプランナー資格とは

上記のファイナンシャル・プランニング技能士とは別に、日本FP協会でのみ取得できる資格としてAFPやCFPと呼ばれる資格が存在します。これらは民間資格ながらも世界的な認知度はファイナンシャル・プランニング技能士よりも上なことがあり、現在ファイナンシャルプランナーとして働いている多くの人がこれらの資格も含めて取得しています。またこちらを取得することでファイナンシャル・プランニング技能士の試験の一部が免除されることもあるため、ファイナンシャルプランナーとして働きたい人は是非取得することをお勧めします。

ファイナンシャルプランナーの講座では、専門的な知識を多く得ることができ、お金の上手な使い方を身に付けることができます。

未分類